婚約指輪は必要?指輪以外じゃダメなの?

婚約指輪の必要性はよく考えるべきです

プロポーズした時というのはこれから先長い結婚生活の第一歩であり、実は一番お金に余裕がある時なのです。なぜなら今後結婚式、新婚旅行、結婚生活とイベントで大金が出る上に、しばらくはお祝い返しや家具、家電等の細かい出費が続くからです。しかし一生に一回の幸せな時期なので、幸せな思い出づくりの為にもお金を払う意味はあると言えます。 対して婚約指輪はこうしたイベントの前なので購入しがちですが、実はいらなかったという人が非常に多いのです。理由として一般的に婚約指輪は婚約期間に付けるもので結婚したら結婚指輪を付ける為、結婚生活には絶対に必要な物ではないからです。今後支出が増えた時に他の事にお金を使いたかったと後悔する人は多いです。

婚約指輪の代わりに買ったものは人それぞれです

どうしても婚約指輪が欲しいなら最近では結婚指輪とセットで売っている婚約指輪があり、結婚後は2本重ねづけできるデザインがおすすめです。しかし最近は婚約指輪の代わりに時計、ネックレスといった男女ペアで付ける事ができ、なおかつ記念に残り実用的というのが人気です。特に時計はこれから一緒に夫婦の時間を刻んでいくという意味で現在婚約指輪と半々くらいの割合になっていて、今後更に増えると言われています。 夫婦共に現実的な方になると結婚式、結婚生活の費用に回すのはもちろん、車や食洗器の費用にあてた方もいます。しかし結婚は二人の事ですが大半は両家の親も援助してくれます。意外とお金は何とかなるものなので、今の幸せな気持ちを形に残すというのは必要な事と思います。